2011年2月26日土曜日

冬に逆戻り

このところ、西和賀地方は雪が降らず、好天に恵まれていましたから、春は近いんだな……と思っていましたが、昨晩から少し雪が降って、うっすらと雪化粧してしまいました。

2011年2月23日水曜日

春めく


西和賀地方も日に日に春めいて、錦秋湖の岸辺の雪も溶け始めました。特に今日は青空が眩しかったです。

2011年2月19日土曜日

西和賀も雨水です

温かさに雪が雨に変わり、氷が溶け始める頃を「雨水」というそうです。また、この日にひな人形を飾りつけると良縁に恵まれるそうです。おまけに、今日は大安吉日です……。

2011年2月17日木曜日

ベルベットのようだね!

湯夢プラザ店頭には、ネコヤナギが並んでいます。栽培ものかな……と思いますが、雪深い西和賀地方にも春がやって来ていると感じます……。

2011年2月15日火曜日

春らしくなって……


         2月初めの頃は、雪かきにおわれる毎日でしたが、
         中旬を過ぎたら春らしくなってきた西和賀地方です。
         ほっとゆだ駅前の圧雪した道路もすっかり雪が溶けて、
           舗装道路が出て春らしくなってきました……。

2011年2月13日日曜日

素敵なあかりに感謝!


 昨晩は、西和賀町冬の風物詩とされる「雪あかり2011inにしわが」が開催されました。湯夢プラザには、雪あかり遊覧バス乗車を求めて、午後3時過ぎから大勢の人で賑わいました。遠くは愛知県や千葉からいらっしゃいました。今日、雪あかりを見た方から感想が寄せられましたので、紹介いたします。

 「雪あかり2011inにしわが」素晴らしい!素晴らしい!作品を見せていただきました。皆さんの結束力に驚きました。作品中で感心したのは、地形をそのまま利用したお出迎え作品?「カタクリの里」、延々と続く誘惑のこみち ぱーと15」・「七福神?と納豆汁」の前郷公民館の作品。たぶん西和賀町役場沢内庁舎前の作品「たくさんのウサギが並んでいた」もの。いずれもろうそくの柔らかい、温かみのあるボワーッとした光を上手く利用した作品でした。「良き先立ちとろうそくの光を知っている」人に恵まれた西和賀町に乾杯!来年の作品が楽しみです。

こんな素敵なお便りをいただきました。ろうそくの灯りって不思議ですね。なぜか、人の心を優しくしてくれるんですね………。

2011年2月10日木曜日

明日は、「左草人形送り」ですよ

毎年2月11日、左草地区で「左草人形送り」が開催されます。「ショウキサマ」と呼んで、昭和28年頃まで続けられていたようですが、何らかの事情で中断されました。そして、昭和62年から再開し、今年で25回目となりました。男女2体のわら人形には、病がソバに寄らないようにとして、ソバ粉で作った団子を持たせます。その他に穴の開いたお金を持たせ、村はずれまで送って道端の木に結わえて無病息災をお祈りする行事です。午前8時半頃から、左草公民館で始まりますよ。一緒にお参りしてみませんか……。

2011年2月8日火曜日

三寒四温

先週は暖かい日が続き、春の到来を感じましたが、また冬に逆戻りです………。

2011年2月6日日曜日

湯川雪中場所でも八百長疑惑か?


湯川温泉冬の風物詩となっている「湯川温泉雪中相撲」は今回中止となったそうです。その理由は、檜の峠会会員宅で不幸があったことや、近年にないほどの積雪除去作業の為といわれています。また一説には、無気力相撲にみられる八百長疑惑により、今雪中場所は文部科学省等からの要請もあって、奉納場所は中止となった説もあるようです。(湯川温泉檜の峠会発行の湯川スポーツ新聞号外から抜粋)この号外新聞には謝罪会見をする協会幹部の写真も掲載されていました。最初はまじめに読んでいましたが、なんともユーモラスな内容で、笑い転げてしまいました。二年前の様子をご覧ください。






2011年2月4日金曜日

立春

暦では、今日から「春」というそうです。なんとなく嬉しいですね……

2011年2月3日木曜日

鬼は外、福は内!

今日は、節分で「鬼は外、福は内」って豆まきをするようです。明日から暦では、立春です。昨日あたりから、西和賀地方は少しだけ春めいてきたように感じます。でも油断出来ないようです。こうしていても荒天になるものです。この季節、こういったことを「寒の分かれ」という、年配の人がいます。

2011年2月2日水曜日

冬の星「オリオン座」


雪かきでたいへんな毎日が続いている西和賀地方ですが、今日は久しぶりに雪かきから解消された一日でした。こんなに厳しい毎日ですが、南西の夜空には「オリオン座」が輝いています。冬は大気が澄み切って凍空の星の光はなんとなく鋭く感じます……。